2010年03月31日

<岡田外相>財源確保が困難なら、マニフェストの修正を(毎日新聞)

 岡田克也外相は27日、三重県四日市市の会合で、今夏の参院選マニフェスト(政権公約)について、「現実の収入を見た時、順番を付けて重要なものからやっていき、場合によってはあきらめるものがあるとはっきりした方がいい」と述べ、財源確保が困難な場合、衆院選マニフェストで掲げた政策を修正すべきだとした。

 税収不足に陥っていることから、岡田氏は「政権公約に書いたことを全部やろうとすると相当無理があるのは間違いない」と指摘。また、「(昨年5月の民主党代表選で)私は『財源なくして新しい政策なし』と申し上げた」と財政規律重視の姿勢を改めて強調した。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
日仏外相会談:イラン核拡散問題で米仏などに理解示す
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける

郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別−大阪大(時事通信)
機密費使途は全部記録=一定期間後に公開−鳩山首相(時事通信)
京浜東北・宇都宮・高崎線運転見合わせ…人身事故(読売新聞)
posted by ゴトウ マサキ at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。