2010年05月27日

<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)

 生活困窮で授業料を滞納し、高校を卒業できない「卒業クライシス(危機)」への緊急対策として、2〜3月に実施された生活福祉資金の貸し付けが、全国で1033件、総額2億5576万円に上ることが厚生労働省のまとめで分かった。学費や子どもの貧困に取り組む団体は「年度末ぎりぎりで多くの生徒たちが救われた」と評価する一方、恒久的な制度の創設を求めている。

 都道府県別の件数では青森県が最も多く146件、次いで東京都の107件。一方、佐賀県はゼロと、ばらつきが大きかった。厚労省は今年度から高校授業料の無償化が始まったため、制度の継続は考えていないという。

 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの三輪ほう子共同代表は「高校生を救ったことは評価するが、子の借金となるため返済問題は残る」と指摘。全国私立学校教職員組合連合の永島民男書記長は「私立高校は負担が残り今後も学費滞納の問題は続く。恒久的な制度を検討してほしい」と訴えている。

【関連ニュース】
中退:私立高生、大きく改善 緊急貸し付け効果
私立高校生:中退率半減0.09%に−−09年度
高校無償化:千葉市立高授業料、交付金1630万円不足 市、国に要求へ /千葉

将棋 文部科学相と総務相にアマ五段免状(毎日新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
銅の電線3・4km盗む、電柱14か所で切断(読売新聞)
農水相不信任案、提出を検討=自民(時事通信)
<訃報>前衛美術評論の草分け、針生一郎さん84歳(毎日新聞)
posted by ゴトウ マサキ at 13:34| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。