2010年03月27日

大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反(産経新聞)

 関西国際、大阪(伊丹)、神戸の関西3空港問題で、大阪府議会は24日、「中長期的に(伊丹空港の)廃港を考える」などとする決議案を自民、公明の両会派などの賛成多数で可決。採決では自民や民主など主要会派から離反者がでた。決議に法的拘束力はないが、府としての意思表示を示すもので、伊丹廃港を主要テーマに掲げ、4月の新党発足を準備する橋下徹知事にとって、弾みがついた格好だ。

 伊丹空港をめぐっては、橋下知事と対立する井戸敏三知事と歩調を合わせた兵庫県議会が23日に賛成で伊丹空港の存続を求める決議を可決しており、大阪と兵庫で相反する決議が可決する異例の展開となった。

 この日、大阪府議会が可決したのは「関西国際空港のハブ化の実現を求める決議」。まずは伊丹・関空の経営を一体化し、伊丹の収益を関空に投入。鉄道アクセスの改善などを行ったうえで、中長期的に伊丹廃港を考えるとしている。

 この日は伊丹存続を求める共産案や、伊丹の存廃に踏み込まず関空ハブ化を求めるという民主案なども提案されたが否決。可決された自民・公明案では、伊丹廃港に反発する府北部選出の自民府議らが離反したほか、民主会派からも退席する議員が出た。

 橋下知事は「決議は大きなこと。あとは府議会の意思表示をどこまで政権がくんでくれるかだ。全く無視するのなら、地域主権は虚像になる」と話した。

【関連記事】
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」
橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」
「同じ言葉『意味がない』で返したい」兵庫知事が大阪知事に反論
大阪vs兵庫、県議会が伊丹空港存続決議 廃港派の橋下知事は…
「伊丹廃港考える」決議が可決へ 大阪府議会
あれから、15年 地下鉄サリン事件

伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ−審議会答申(時事通信)
<橋下知事>「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール (毎日新聞)
国交省、道路運送車両の保安基準細目告示を改正(レスポンス)
<前原国交相>採用説明会出席へ 「官僚やはり重要」PR(毎日新聞)
<少年審判傍聴>遺族ら169人認める 制度開始から1年(毎日新聞)
posted by ゴトウ マサキ at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。