2010年03月02日

<チリ地震>政府、最大2億7千万円の無償資金協力決める(毎日新聞)

 政府は1日、チリ大地震の被災地支援として、同国政府に最大300万ドル(約2億7000万円)の緊急無償資金協力と、テントや発電機など3000万円相当の緊急援助物資を供与することを決めた。人的支援としては医師や看護師約20人で構成する医療チームを派遣。先遣隊として外務省職員と国際協力機構(JICA)に登録している医師ら3人と、防衛省の調査員1人が同日、日本を出発した。【横田愛】

【関連ニュース】
チリ地震:医療チーム派遣 鳩山首相が方針
津波:官邸対策室を設置 対応に追われる…政府
チリ地震:イオンが復興支援金300万円を贈呈
津波:避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方
津波:養殖のワカメ、カキに打撃

チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
診療報酬22年度改定 30床の療養病院 在宅患者の暮らし支える(産経新聞)
「物理」で出題ミス=鹿児島大(時事通信)
外交文書公開で第三者機関=「原則開示」を徹底−外相(時事通信)
<向精神薬横流し>院長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
posted by ゴトウ マサキ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)

 成年後見人制度を悪用し、知的障害のある女性(56)の資産約7800万円を着服したとして、奈良地検は24日、業務上横領容疑で奈良市の衣料品販売会社元役員仲村美香容疑者(33)=業務上横領罪で起訴=を再逮捕した。地検によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、女性の成年後見人だった祖母(故人)と共謀し、2004年3月〜07年4月の計35回にわたり、奈良県に住む女性の預金口座から約7800万円を引き出し、着服した疑い。
 地検によると、女性は仲村容疑者の父親(62)のいとこ。父親と祖母は03年6月から成年後見人を務め、同容疑者が女性の預金を管理していた。着服した金は衣料品販売会社の運転資金に充てていたという。 

【関連ニュース】
無登録でマンション管理=全国初、元業者を書類送検
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判

<富士山の日>山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
<強盗殺人>被告に無罪判決 調書の信用性を否定 大分地裁(毎日新聞)
<直木賞>選考委員、五木寛之さんが辞意(毎日新聞)
<県職員不正流用>4人で総額1億円超 神奈川県が調査(毎日新聞)
<就職内定率>高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
posted by ゴトウ マサキ at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。